お金の増やし方は損して得取れ!

スポンサーリンク

あなたはお金が増える仕組みがどのようなものかご存知でしょうか?

損して得取れ。

これはお金を増やす本質を表している言葉のようです。

それはお金には、

1、浪費

2、消費

3、投資

の3つの使い方があり、

お金を増やすには3つ目の投資にお金を使う必要があります。

そして投資というのは自己投資と言い、

自分が成長するためのお金のを投資するということになります。

しかしここで心得ておかなければいけないのは、

成長には必ず心の痛みなどのネガティブな感情と向き合わなければいけない、

ここを乗り越えることで成長へと繋がるようです。

そうして自分の限界を乗り越えた先に、

今までできなかったことができるようになった自分が存在し、

そんな自分になれたからこそ、

いろんなものを受け取れるようになります。

お金もたくさん受け取ることのできる1つと言えます。

なのでお金は大事ですが、

スポンサーリンク

成長することはお金のほかにたくさんの感動を受け取ることができます。

たとえば幸せな家族、価値観の合う恋人、生涯付き合う友人のような親しい人達。

自分の生きる意味を知り、素晴らしいビジネスと出会えることの喜び。

与えることや手放すことの喜び。

豊かさの本質などたくさんの感動を受け取ることができるようです。

お金に対する意識もきっと変わっていることでしょう。

お金の増やし方で言う「損」にあたる部分とは、

初期投資のことになります。

たとえば本。

1000円の本を買い、知識を蓄えて、

自分磨きにより自分を成長させます。

それによって将来5000円、10000円の収益を上げることができれば、

損して得を取るという投資としてのお金の使い方ができていると言えます。

もちろんお金の失敗でも、

失敗という「損」から何を学べたか?

そこからお金の使い方を学ぶことにより、

結果として「得」を取ることができます。

損をしても活かせば起死回生のチャンスになります。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ