お金とは英語以上に世界共通の言語

スポンサーリンク

あなたはお金をどのように思っていますか?

お金とは、簡単に言えば「道具」であり「手段」であると言えます。

自分が欲しいと思う物を手に入れるための「道具」であり「手段」です。

お金という世の中で最も利便性のある物を、

欲しい物と交換することで手に入れることができます。

自分の力では手に入れられないような物でも、

お金という物を仲介することで簡単に手に入れることができます。

変な言い方になりますが、

「お金で人を動かす」

これを聞くとあまり聞こえは良くないかもしれませんが、

お金の歴史から考えると、

お金という物を仲介させることで、

手に入らない物を手に入れられるようになることから、

お金を払うと人が動いてくれる。

「お金で人を動かす」

とも言えるかもしれません。

たとえば、

自分ではイタリアンの高級料理を作ることはできませんが、

イタリアンのレストランに行ってお金さえ払えば、

イタリアンの高級料理を食べることができます。

お腹が空いたときは、お金を交換して食べ物を手に入れることができます。

怪我をすれば、お金を交換して治療してもらうことができます。

スポンサーリンク

車が欲しいときは、お金を交換して車を手に入れることができます。

世の中のほぼ全ての物には値段が付いています。

世の中の仕組みは、

お金を交換することで物を手に入れることができるということです。

言い換えると、

お金さえあれば何でも手に入れることができるのは事実とも言えそうです。

もちろん、

「お金が全てじゃない!」

このことも事実です。

憧れる異性からの愛はお金では決して手に入りません。

最高の仲間たちとの最高の時間は仲間がいなれければ味わうこともできません。

このような場合を除いて、

たくさんお金があるということは、たくさんの手段を選択できると言えます。

たくさんのお金を持っているので、たくさんの願いを叶えることができるのも事実です。

最高の仲間との時間をもっと最高の時間にすることもできます。

たとえばお金があれば、

景色の良いレストランを貸し切れるでしょう?

船を一隻レンタルしてパーティーを開くこともできるでしょう?

このように最高の時間を、更に盛り上げていくこともできます。

物を交換する際に仲介役としての役割を持つ共通の価値を持った物。

それがお金です。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ