お金で失敗しない生き方。改善のための反省

スポンサーリンク

もし間違ったお金の使い方に気付いたなら、

それは改善のための反省をすると良いかもしれません。

「ああ、やってしまった」

「なんであんなことになったんだろう」

「あそこでこれをやっておけば」

これはただの反省です。

たとえば、

本来必要のないものを勢いで衝動買いをしてしまい、

後になって後悔した場合。

あなたにも経験はありませんか?

そういうときは、

お金の失敗によって学びを得られたことに注目すると良いです。

なぜならば、

そこから改善策を生み出すことができるからです。

たとえお金で損をしたとしても、

そこからお金で失敗しないための学びを得ることができれば、

実際はプラス・マイナスゼロになります。

損をすることによって得を得ることになります。

スポンサーリンク

しかしお金で失敗した経験を一生涯を通して活用し続けることができるなら、

プラス・マイナスゼロどころかプラスになります。

お金で失敗したときは良い改善策を得るための学びとしましょう。

これを意味のある失敗と言います。

お金の勉強法は実際に失敗などから体験を通して学ぶことになるようです。

それは資格を取るためにお金を払って学校に通うように、

お金の使い方が上手くなるためにはお金で失敗する経験も大切です。

逆に唯一お金の失敗となるのは、

何も反省しないことです。

反省がないのでもちろん改善策も出てきません。

こえは完全にマイナスですね。

なのでここはお金の使い方をマスターするために、

授業料を払ったと考えると良いかもしれません。

 

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ