お金が増える使い方、お金持ちと貧乏人の違い

スポンサーリンク

お金は本来使えば使うほど増えていくものだとご存知でしょうか。

「そんな本当に方法あるのか?」

と思う方もいるかもしれませんね。

僕もお金の勉強を意識的に行うまではそうでした。

お金持ちも貧乏人も節約は同じようにするようです。

しかし、その後が違うようです。

それはお金の使い方。

お金持ちのお金の使い方は、

お金を貯める目的が明確で、

お金が貯まったら、その目的のためにどんどん使います。

一方で貧乏人は、お金が貯まると守りに入ります。

一生懸命守るのですが、いつの間にかなくなってしまいます。

それは、お金の性質がエネルギーと似ているので、

どうして自分の元に留めておくことはできないことから、

何かしらの理由が訪れて手元からお金が離れていくようです。

お金持ちはそのことを理解しています。

なので、意識的にお金を使っていきます。

どのようにお金を使うかのかと言うと、

欲しい物を買う浪費ではなく、

次の収入に繋がる投資にお金を使います。

たとえば、本やセミナー。

このように知識を蓄えることで、

脳に蓄積した知識を今度はアウトプットして、

スポンサーリンク

世の中に情報提供していきます。

これによって世の中に感謝されてお金がまた手元に集まってきます。

集まってきたお金を使ってまた投資をします。

これがお金が増える使い方です。

お金持ちはもちろん人へも投資します。

友人や家族や恋人。

親しい人への贈り物に、

お金を使うことで自分の可能性を広げることをします。

たとえば、

「今この金額をだすことは少し痛いなぁ」

と感じるくらいのお金を使って贈り物をします。

受け取る相手もそのくらいだときっと気持ちが良いのではないでしょうか。

この「痛いなぁ」と感じるくらいのお金を使うことにも意味があります。

それは、自分のコンフォートゾーンと呼ばれる自分の心の限界値を広げることです。

そうするとお金の限界値を超えることがでいるので、

結果としてお金を受け取る金額の大きさにも影響するようです。

するといかがでしょう。

自分も良し、相手も良し。

これをWin-Winの関係とも言います。

さあ、今からあなたはどのようなお金の使い方をしますか?

欲しい結果を手に入れるための行動が大切です。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ