文章力をつける伝え方

スポンサーリンク

文章で伝える上で大事にすることがあります。

文章力をつける伝え方

 

それは、

1つの文章で伝えたいことは1つに絞ることです。

人は一度にたくさんのことは覚えることはできません。

なので伝えることも1つだけに絞るのです。

そうしなければ、読者は頭の中が混乱してしまうかもしれません。

読者に余裕を与え、整理するための時間を設けるために、

ひとつの文章で伝えたいことは1つだけに絞ります。

ブログなら1つの記事で伝えたいことは1つだけです。

そして、

ブログを通して伝えたい全体のテーマも1つだけです。

ダイエットのブログで、料理の記事を更新してはいけません。

ダイエットのブログでは、

ダイエットに関して知りたい人が集まってくるからです。

ダイエット料理ならダイエットに関連しているので良いと思います。

ですが、テーマに沿っていない内容を更新しては読者が離れてしまいます。

それから、

行動して欲しいことも1つに絞ります。

ブログなら、プロフィールを見て欲しいなら、

プロフィールの紹介リンクを貼るだけ。

メールアドレスを登録して欲しいなら、

無料オファーのアドレス登録リンクを貼るだけ。

商品を購入して欲しいのなら、

商品紹介リンクを貼るだけにします。

なぜならば、

読者が行動しない一番の理由が「迷い」だからです。

そもそもなぜあなたの元に訪れるのかと言うと、

自分の「迷い」の元である悩みを解決できるかもしれないと思っているからです。

そんな読み手の不安を解消してあげるのが、

綺麗な伝え方ができる文章の書き方です。

たくさん書きたい気持ちがあるかもしれません。

しかし、ここは徹底して読者目線で考えることが大事です。

あなたの文章は誰が読んでくれるのですか?

ここを常に頭に叩き込んでいる必要があります。

そうすると分かりやすい文章になるので、

あなたの元に訪れるリピーターが増えることでしょう。

ビジネスとは、2割のリピーターに支えられていると言われています。

リピーターの付く文章の書き方を心掛けると良いと思います。

もし、もっとたくさんのことが伝えたいと思うのであれば、

また次の記事で更新すれば良いのです。

また次の文章を作成すれば良いのです。

一度にたくさんのことを広く浅く書くより、

1つの内容に絞って、

なぜこれが大切なのか?

しなければどうなってしまうのか?

続けるとやがてどうなれるのか?

うまくいく秘訣はなんなのか?

どれだけの成功事例があるのか?

いろんな視点から分かりやすく伝えてあげると良いでしょう。

 

全体のテーマ、更新内容、行動して欲しいアクションは1つに絞る




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ