一人暮らしの部屋をおしゃれにするための5つの基本技

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋をおしゃれにするための5つの基本技

 

自分の部屋をおしゃれに演出して一人暮らしの生活を楽しみたい。

実は部屋をおしゃれにしたいと意識することは、

部屋を片付けられない人にも効果的な方法と言えるのです。

 

なぜなら、

 

部屋を片付けられない人の視点に問題があるからです。

 

部屋を片付けられない人の場合、

片付けることそのものに意識を向けてしまっているケースがあります。

 

「ちゃんと片付けないと・・・」

 

このようにネガティブな感情でやろうと思っても気がすすまないものですね。

僕も「やる気」の出ないことに関しては、とても意欲的になれません。

 

そこで大切となるのが、

 

おしゃれな部屋にしたいと思う「夢」の要素を持つことです。

 

友人と夢の話をしているときって楽しくなりませんか?

あれもしたいこれもしたいと、どんどんアイデアが沸いてきますね。

 

つまり、

 

プラスの感情で行動することが大切なのです。

 

今回は、部屋を片付けられない人に限らず、

部屋をおしゃれにしたいとけど具体的な方法が分からない人にも、

分かりやすくおしゃれな部屋にするための基本技を紹介します。

 

(前回は、部屋の片付けで得られる効果-リバウンドしない5つのポイントにて、

部屋を片付けることによって実際にどのような効果が得られるのかをお伝えし、

得られる効果を理解した上でリバウンドしないためのポイントを紹介しました。)

 

 

1、ベースとなる「色」を決める

 

おしゃれな部屋の基本は、まずベースとなる色を決めることです。

どんな色を選んでいいか分からない人は、迷わず白がおススメです。

 

なぜなら、

 

モノトーン、ガーリーなど雰囲気に合わせて柔軟に対応できるからです。

 

「この色が好き!」という好みの色があるならそれでも構いません。

僕は黒が好きなので、黒を基調とした部屋作りをしています。

 

大切なことは、

 

自分が好きな色をベースに選ぶことだと思います。

 

 

2、おしゃれな部屋の代名詞「照明」

 

おしゃれな部屋を演出するうえで欠かせないのが照明です。

間接照明を使ったテクニック的なことは、

まず最初の段階ではむずかしいかもしれません。

 

なので、

 

メインの照明をどんなものにするかを考えていきましょう。

 

たとえば、

 

  • シーリングライトにしてスッキリ魅せるのか。
  • コードを長くして白熱球を使った暖かみを演出したいのか。
  • 広い空間を演出したいなら天井に近い照明を。
  • 電球のカタチが見える照明でレトロ感を出したい。
  • 照明の色そのものは白がいいのか、黄色がいいのか。

 

このように照明ひとつにしても色々とあるので、

必要以上に考えることが増えると面倒になって挫折してしまいます。

 

あまり考えることのないようメインとなる照明のみにして、

どんな雰囲気になるかをイメージしていきましょう。

 

 

3、ワンポイント的に「さし色」を活用する

 

ベースとなる色を決めて、

その色だけで部屋を創ると、なにかもの足りなさが出てきます。

 

そこで、

 

ソファーやデスクなど、ポイント的に別の色を取り入れるのです。

 

このようにポイント的に別の色を加えることを「さし色」と言います。

たとえば、白を基調とした空間なら黄色や赤などの色を加えると柔らかくなります。

ポイント的に違う色のインテリアにすることでおしゃれ感が上がるのです。

 

 

4、部屋の雰囲気を作る「観葉植物」

 

部屋のテーマに沿って観葉植物を選ぶことで、

より雰囲気作りを豊かに演出することが可能になります。

 

シックでクールな雰囲気、南国のリゾートな雰囲気、

それぞれの部屋のテーマに沿って観葉植物はお洒落な部屋を演出します。

 

  • 大きめな観葉植物を選ぶことでリゾート感を。
  • 小さめな観葉植物を選ぶことでさり気なさを。

 

緑を加えて雰囲気を楽しんでみましょう。

 

 

5、気軽に空間作りを楽しめる「ベッドカバー」

 

ベッドカバーは面積が大きく、

空間の占める割合が広いために部屋作りに影響力があります。

 

白を基調としたクールな部屋にしたいなら、

ベッドカバーを黒にしてモノトーン調にしてみれば、

部屋の雰囲気を楽しむことができるでしょう。

 

可愛い雰囲気がお好みなら、

ベッドカバーをオレンジや黄色などの暖色系にしてみるのも良いでしょう。

 

ベッドカバー、枕カバー、シーツなど、

各パーツにたいして、色を統一してもいいですし、

それぞれ異なる色を使ってみても面白いかもしれません。

 

 

おしゃれな部屋の決めては色

 

おしゃれな部屋にしたいと思って多くの人は、

インテリアをイメージしてアイテムにこだわってしまうのかもしれませんが、

 

もっとも大切にするべきは、色を統一することです。

 

色を統一することで全体がうまくまとまってきます。

 

いかがでしょう、

部屋の片づけが苦手な人もおしゃれな部屋の作り方を知ることで、

まず不要な物を捨てて、部屋を片付けることの必要性が理解できると思います。

 

どんな部屋にしたいかの道しるべがないと進めないと思いませんか?

 

部屋の片づけに意識を向けるよりも、

どんな部屋にしたいかの具体的なイメージを持つことで、

 

結果的に部屋の片づけができるようになると思います。

 

どうせなら楽しい方が良いですね。

お気に入りの空間を作れることを祈っています。



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ