達成しやすい目標設定の仕方10選-今の目線より少し上の人生へ

スポンサーリンク

達成しやすい目標設定の仕方10選-今の目線より少し上の人生へ

 

達成したい目標はあるんだけど、

その目標に向かって進むことがツラく感じることはありませんか?

それは、目標設定の仕方に問題があるのかもしれません。

 

一方で、目標は持たない方がイイという人もいます。

ですが、「今の給料より2万でも、3万でもアップしたい」という思いは、

少なからず手に入れたい目標になるのではないでしょうか。

 

にも関わらず、

 

そんな今の目線より少しだけ上の目標でさえ、

僕たちには、実現困難に思えてならないのです

 

実際には、目標設定の仕方には以下の2つのことを頭に入れておかなければいけません。

 

自分をダメにしてしまう目標

自分を目的へと導いてくれる目標

 

正しい目標設定の仕方とそうでない目標設定の仕方。

この2つの目標設定には、一体何が違うと言うのでしょうか。

 

(前回では、故ブルース・リーの名言から「感じる」心を研ぎ澄ます7つの教えにて、

ブルース・リーのもうひとつの顔である哲学者として残した名言から、7つの教えをお伝えしました。)

 

 

ダメにする目標設定はやる気を削いでしまう

 

やる気が出ずにもの事を長く続けることができなかったり、

何となくやってはいるけど集中しきれないと感じている場合、

あなたに怠け心があるわけでも、集中力がないわけでもありません。

 

あなた本来の価値観と適切な距離感で設定できていないからです。

 

つまり、単なる目標設定の仕方に問題があるだけかもしれないのです。

やる気が出てきて達成しやすい目標設定の仕方とは、

 

毎日、それに向けて行動したくなり、何故だか成長してしまうものなのです。

 

もし、あなたの達成したい目標のために行っていることが、

今の生活の中にうまく組み込むことができて、不思議とドンドン成長できるとしたら?

気が付いたら「え!?もうこんなところまできたの!?」そんな自分に感動するもしれません。

 

 

達成しやすい目標設定の仕方

 

それでは、あなたの今の達成したい目標を適切に設定する仕方を見ていきます。

 

 

1、感度を高める:

その目標設定が、感情の奥底から沸き立たせてくれるものであることが重要です。

なぜなら、僕たちはいつの間にか周囲の影響を受けた一般的な目標や義務感から考えるからです。

そうすると、本心から望んでいないので頑張らなければいけなくなってしまうのです。

 

  • 目をつむり、どんな欲望でも構わないので、とにかく「感情」が湧き上がるもの。
  • 達成したとき、どんな気持ちになれるかをイメージして感じてみる。
  • それは、生涯かけて追いかけるだけの自分の人生に意味のある価値である。

 

悪い目標

× 嫌われないように、優しく接しよう

やる気の出る目標

○ 副業で5万以上安定的に稼げば、1LDKに引っ越せるかもしれない

 

 

2、自分のニーズを明確にする:

僕たちが目標を追いかける理由は、自分のニーズを満たすためです。

たとえ誰かのためにと思っても、それをすることで自分の心が満たされるからです。

 

  • 達成することで、自分が安心できる
  • 達成することで、望んだ環境に変わることができる
  • 達成することで、自分が特別な存在になることができる
  • 達成することで、大切な人と深く繋がることができる
  • 達成することで、望む自分にどんどん成長を実感できる
  • 達成することで、世の中に良い影響を与えていると実感できる

 

 

3、適切な距離に調整する:

目標の達成難易度は、近すぎても遠すぎてやる気を失います。

 

  • その目標達成度は50~60%くらいか。
  • 過去にあなたと同じ目標を掲げて成功した人がいて、いきさつも似ている。
  • 達成までの道のりはイメージできるか。または自分で調べて道を見つけられるか。

 

 

4、計測可能にする:

その目標自体がうまくいっているのかどうかハッキリしないものは、

問題があっても自覚できませんし、修正することも不可能です。

僕は過去に300人とのセッションを目標にしましたが、その計測では不十分です。

 

  • 目標達成までに今どのような状況なのか、しっかりと人に説明できる。
  • 自分を誤魔化さず数値で計測し、自分への影響が本当に満たしてきてるか確認できる。
  • 項目ごとに分かれていて、小さな目標をステップ形式で歩むことができる。

 

 

5、達成にたいする「痛み」を知る:

目標を達成するには、犠牲にしなければならないものが必ずあります。

今の自分を保ったままでは、目標に向けて変わることはできないのです。

また、達成しないとどんな痛みを背負うことになるかも考えます。

 

  • 達成しなければ、誰を苦しめたままにしてしまうのか。
  • 達成するために、何をやめて誰を切らなければいけないのか。
  • 達成せずにこのままの人生を歩むと、どんな痛みが待ち受けているのか。
  • 達成することによる痛みと、達成しないときの痛みとどちらを選択したいか。

 

 

6、自分を納得させる:

人は自分が納得できることでないと「何のためにやっているのか」と迷走します。

何となくという曖昧な動機では、やる気も出ませんね。

どんな困難にも打ち勝って継続するためには、自己説得が必要なのです。

 

  • どうしても達成しなければいけない譲れない最大の理由は。
  • どうしても達成したいと思う、それ以外の感情を揺り動かす理由は(複数)。

 

 

7、具体化する:

単なる願望にせず、具体的に行動できるようにしなければいけません。

行動が具体的であればあるほど、アイデアが浮かび、行動しやすくなります。

 

  • 達成するためには、まず何からはじめるべきかが明確である。
  • 達成するためには、どんな変化を少しずつ加えるかが分かっている。
  • 達成するための変化が、他人から見て納得できるものか。

 

 

8、期限を設ける:

目標を達成するには、時間の制約が意外なほど効果的です。

僕は記事を書くときに「明日、会社に行く」と意識があると身体が動きます。

 

  • その目標には、何年何月何日何時何分何秒までのイメージができているか。
  • その目標には、その期限までにしなければいけない理由がある。
  • その目標には、短期(1~6ヶ月)、中期(6~12ヶ月)で結果を出せるか。

 

 

9、自分のコントロールできる範囲内で行う:

自分のコントロールできる範囲内で行動しなければ、目標達成は困難です。

自分のコントロールできる範囲におさめれば行動はしやすくなります。

 

  • 自分を変化の中心に据えて考えているか。
  • 他人の気持ちをコントロールしようと思っていないか。
  • 自分がコントロールできる範囲内で行っていること。

 

 

10、誰を応援するか

あなたの目標設定には、誰かの悩みを解決できることが大切です。

それが必要な仲間との関係をつくるために重要となってきます。

 

  • その目標設定は、誰のどんな悩みを解決できるか。
  • その目標設定は、誰かを蹴落とそうとしていないか。
  • その目標設定は、シンプルで分かりやすいか。

 

 

目標設定の仕方は1回にとどめず変えても良い

 

最初に目標設定すればあとは変えてはいけないということはありません。

必要ならば、どんどん変化させていくと良いでしょう。

そうすれば、最初から頭を悩ます必要もなくなってきます。

 

そして、紙に書いたり思い出したりして常に再確認することです。

あとはとにかく行動、行動、行動です。

 

 

目標達成できないものは潔く捨てること

 

誰かからの影響や、メディアの影響を受けた目標、

他人から押し付けられたものや、理性的であったり義務感、

または他人の目を気にしての見栄やプライドからくる目標は、

 

きわめて達成が困難なウソの目標なので、潔く捨ててしまいましょう。

 

きっとそれは、あなたもうすうすと感じているかもしれません。

捨てれば捨てるほど、シンプルに洗練されていきます。

それがあなたらしさへとなっていきます。

 

本音の目標設定の仕方ができることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ