今年こそ!目標が達成できない人の陥りがちな理由

スポンサーリンク

目標 達成できない 理由

 

新年が始まって自分の目標を決めて達成したい!

と強く決断してたのに年末になるといつも達成できない・・・

そんなパターンを毎年のように繰り返してませんか?

 

本当は目標なんて頑張らなくても達成できるんです。

 

たとえばテレビゲームのレベル上げのように、

ついついやりたくなって時間を忘れてしまうものは、

途中疲れるかもしれませんが深刻な悩みではないですね。

好きでもない仕事をやり続けるより遥かにマシです。

 

何にせよ目標が達成できない理由は、

必ずどこかに本当の自分とはズレがあるからです。

やはり、本当の自分は一体何をしたいと思っているのか?

素直になって自分の本音に耳を傾けることが大切です。

つまり目標達成には自分を知ることが必要なのです。

 

(前回の生きる目標を失った…頑張り過ぎて疲れた人へ伝えたいことでは、

自分なりに努力しているのになぜ望む結果が出せずに疲れるばかりなのか、

頑張ろうとしなくても自然と達成できるあることをお伝えしました。)

 

 

その行動が見栄や怖れから発露していると・・・

 

僕が以前に勤めていた製造業の会社では、

というよりもその部署では毎日のように残業がありました。

気持ちとしては働いた分だけ給料に反映されるので、

嫌だけど得はすると思って我慢してやってました。

だけど同時にもうひとつの感情もありました。

 

それは、残業をたくさんするから偉いんだとという見栄です。

 

自分のいる部署はそれだけ会社にとって重要なんだとか、

そんな部署でラインを任される自分はデキる人間だとか、

こんな思いもあって優越感のようなものを感じてました。

 

一方では当時は派遣社員として働いていたので、

残業を断ってしまうと使えないから契約を切られそうとか、

後みんながやってるから自分だけ帰るのは気が引けるなど、

 

よくありがちな怖れの気持ちもありました。

 

だけど、本当はこんな生き方は嫌だったんですね。

本当はもっと好きなことだけして生きていきたいし、

仕事という概念すらないような生き方がしたいし、

そもそも仕事なんて本当はやりたくなんかないし、

もっと楽にもっと自由に生きたいと思ってました。

 

 

自分を誤魔化しても目標は達成できない

 

先ほどのように僕は本当はこんな生き方がしたい!

というのがあっても、それが可能とは思えませんでした。

なのでせめて実現可能なことはないかと考えてたのです。

 

「転職してもっと安定した仕事に就きたい!」

「もっと人間関係が楽な職場に移りたい!」

「今年は副業をはじめて副収入を得たい!」

「今年はもっと学んだことのスキルを高めたい!」

 

毎年、このような思いがあったし、

今年こそは自分を変えようと強く決断してました。

けど、毎年何をやってもうやもやでうだつが上がらないのです。

どころか今の仕事が辛くてどんどん追い込まれていく・・・

 

転職サイトで仕事を見つけて面接までやっても、

いざそれがリアルな話になると臆して乗り越えられなかったり・・・

 

心理学を学んでコーチングという具体的なところまできて、

さらに専門的にマーケティングを学んでまでやろうとしても、

いざセッションしようとするとプレッシャーに悩まされてたり・・・

 

なぜか分からないけど、どうも何か前に進めない・・・

一体、何が理由で毎年うやもやな結果に終わるのか・・・

答えは非常にシンプルだったんです。

 

やっぱり自分の本音に素直になること。

 

僕は周り巡って結局はここなんだと思いました。

そもそも何が理由で自分の中で無理だと思ってたのか?

なぜ自分の心から望んでる生き方をダメだと思っていたのか?

何に気を使って、何に遠慮して、何を気にしているのか?

 

だけどこのような自分への問い掛けが、

同時に本当の自分を知るという重要な要素だったのです。

僕達はいろいろ頑張って無理をして肩の力が抜けて脱力して、

そこでやっと自分自身と本当の意味で向き合うのかもしれません。

 

 

目標達成にはどうなりたいかの未来の姿を描くこと

 

そして目標と目的は違うとよく言われますね。

あなたはこれらの違いを明確に説明できるでしょうか。

と言われてもパッと説明することはできないものです。

なぜなら、それが生きる上で重要ではないからです。

 

目標と目的の違いなんて学校では教わらないし、

普通に仕事をしていて必要に迫られることもありません。

なので分からないことを問題と思わないで下さい。

 

目的とは自分が本当はどうなりたいか・・・

 

というだけのことです。

そして目標はそのために何を達成する必要があるのか?

たったそれだけです。

 

「もっとやりがいのある仕事へ転職したい!」

「新しい環境で、また一からやり直したい!」

「〇月〇日までに〇〇を達成したい!」

 

人それぞれ達成したい目標はあると思いますが、

それが達成できないのはその先の未来を描いていないからです。

それは脳には「空白の原則」というものがあるからです。

 

脳は空白を埋めようとしますが同時に空白を嫌います。

空白の状態とは先が分からないので身の安全が確保しづらいのです。

知らない場所より知ってる場所の方が安心感が違いませんか?

それこそが正しく脳が空白を嫌っている反応なのです。

 

なので目標が達成できないとするなら、

脳が空白を嫌って無意識にストップを掛けていると言えるのです。

だからと言って自分の目標は達成できないと嘆く必要はありません。

ただその先をどうしたいかと思い描くだけのことなのです。

 

 

人は思い描いた方向へと向かっていく

 

やはり本当はどうなりたいのか・・・

ということを避けてると目標は達成できないです。

その先の目的が描けてないことになるからです。

だから脳がストップを掛けてしまうのです。

 

お伝えしたように実際に僕が、

転職や副業で何も結果が得られなかったのも、

自分の本音を無理だと勝手に決めて避けてたからです。

だけど改めて自分に素直になってみた結果、

 

やっぱり本当のなりたい自分に向かった方が実現可能だった。

 

僕自身の経験として、そうお伝えします。

何も一切の制限がないととしたらどうなりたいですか?

それを心の中で「実現します!」と断言してみて下さい。

 

それってどこかで抵抗感を感じる部分がありませんか?

だとするとストップを掛けてる信念があるのです。

だけど信念も時間を掛けて意識的に変えることはできます。

 

それが意識的に本当はどうなりたいかの未来を描くのです。

 

また信念のより詳細については、

自分を信じる力-夢をあきらめない6つの「信念」の磨き方にて、

信念の変え方をお伝えしてますのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

目標を楽しみながら達成できることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ