潜在意識の力でお金がすぐ手に入るなんて信じてませんか?

スポンサーリンク

潜在意識 お金 すぐ

 

手に入れたいんだけど手に入らない・・・

これって何とももどかしいものですよね。

例えばお金をすぐ手に入れたいのがそうです。

いくら潜在意識の力を活用したとしても、

 

思い通りの現実を引き寄せられない・・・

 

潜在意識を活用する方法として、

アファメーションとかドリームリストとか、

ビジュアライゼーションにインカンテーション、

それにフォーカスの力を活用するなどなど・・・

 

確かにこれらは非常に有効なテクニックで、

何もしないより遥かに効果的です。

けどこれだけじゃお金はすぐ手に入りません。

 

なぜなら、これらのテクニックというのは、

あくまで戦略上のものだからです。

 

今回の内容を読んで頂くことで、

お金がすぐ手に入ってしまう人の秘密と、

お金を引き寄せる行動についてお伝えします。

 

それによって先程の戦略を上手く活かせ、

より望んだ人生を引き寄せやすくなります。

 

前回は、潜在意識の書き換えに需要な現在地の把握と、

その上で正しい理想の明確化についてお伝えしました。

潜在意識を書き換えて成功する人が知っている意外な秘密

お金がすぐ手に入ってしまう人の真実

 

僕は元々は心理学から学び始め、

そこからコーチングへと移行して、

最終的にはネットビジネスで生計を立ててます。

 

ネットビジネスと聞くと稼ぐイメージが強いです。

確かにネットビジネスで成功している人達って、

稼げることをメインに情報を発信しているので、

 

  • ネットビジネス = お金を稼ぐ

 

というイメージがついています。

けどネットビジネスで稼ごうと思うと上手くいかず、

稼ぐこととは別な思いがある人が稼げるんですね。

 

それは自分の中にある何らの思いを発信してるから。

 

なので5年10年と稼ぎ続けられるのです。

確かにこうした思いがなく稼げることもあります。

だけどそれは一過性になってしまいやすく、

長く継続できるとは言い切れないのです。

 

じゃあ、その何らかの思いって何かと言うと、

自分が苦労してきたとか辛い思いをしたなど、

どん底の状態から這い上がりたい思いとかです。

これは一例なので他の例もあるでしょう。

 

例えば自分の子供が重い病気を患って、

何としても治療のためのお金が必要だったので、

必死にビジネスをするのだって強い思いです。

 

こうした思いが強い行動エネルギーとなるんですね。

 

そうなってくると、

そんな強い思いがなければダメなのか?

と思ってしまうかもしれません。

 

けど、そんなことは決してないんです。

ここで言いたいことはこういうことです。

 

そもそも目的が明確になっていますか?

 

ということなんです。

本当に手に入れたいという純粋な思いがなければ、

途中で壁にぶつかると簡単に挫折してしまうのです。

 

何かに挑戦すれば必ず壁と向き合うことになります。

それでも前に進み続けることしか方法はなくて、

その前に進み続ける継続的なエネルギーというのが、

 

本当はどうなりたいかという目的なのです。

 

本当のなりたい自分の明確化ですね。

これはこのブログのテーマでもありますが、

「自分の本音に素直に生きる」ということです。

 

結局、自分の本音に合致する目的でなければ、

理想を引き寄せることは困難を極めるのです。

 

お金をすぐ引き寄せられる人というのは、

それだけの行動を起こしているに過ぎません。

ではその行動の原動力となっているものとは、

 

本当はどうなりたいかという目的の明確化です。

 

お金をすぐ手に入れたいというのも、

その背景には強い思いがあればこそなんです。

そもそもお金に汚いも綺麗も何もありません。

 

お金とは単なる交換のための道具に過ぎません。

そのお金を通して何を手に入れたいのか。

その先にある目的の明確が大切なんです。

 

 

潜在意識のある機能が至るところで発動している

 

さて、ここからは、

潜在意識のことをお話します。

 

潜在意識には現状維持機能があります。

これは命を守り続けるための機能のことで、

身体的には心臓や肝臓や腎臓などの臓器や、

血液の流れや体温の調節などを行ってます。

 

これらは意識して動かしてるわけじゃないですよね。

こうした機能は潜在意識が制御しているわけです。

この機能は性格にも十分に反映されているのです。

 

例えば僕達の性格は基本的に変わりません。

明るい性格の人は基本的に明るい性格ですし、

暗い性格の人は基本的に暗い性格のままです。

 

何かがきっかけで変わるということはありますが、

基本的に性格と言うのは一定に保たれているのです。

その理由も潜在意識の現状維持機能があるからです。

 

しかし、この機能が厄介なのは、

僕達が新たな挑戦をしようとする時です。

 

潜在意識は命を守ることが第一優先事項です。

あなたが今までの収入から変化が起こり、

いきなり大きく稼げるようになってしまえば、

 

それは潜在意識にとって命の危機になるわけです。

 

なので変わらないように必死に止めてくるんですね。

けど僕達からすれば変わった方が断然良いわけです。

つまり顕在意識と潜在意識が正反対の状態です。

 

この状態をよく車に喩えられていて、

アクセルとブレーキを同時に踏んだ状態・・・

なんて言われてたりします。

 

なんだけどここまでは、

あなたも知っていることかもしれません。

けどこの潜在意識の現状維持機能って、

実は至るところで発動しているんですね。

 

例えば本を読むとします。

するとキリがいいところまで読みますよね?

このキリがいいところってなぜなのでしょう。

 

当然キリがいいところだからに決まってますね。

けどキリがいいところで終わらそうとしているのが、

潜在意識の現状維持機能によるものだとしたら?

 

つまり都合よくキリがいいところで終わらせれば、

それ以上先に進まなくなるのでそうしてるんです。

なぜなら、それ以上先に進んでしまったら、

変わってしまうことを知っているからです。

 

潜在意識はその辺のやり方は結構巧妙で、

絶妙なタイミングで仕掛けてくることが多いです。

 

他には周辺の出来事や他人を使ってきます。

よくドリームキラーなんて言われる人がそうです。

また急に仕事が忙しくなることなんかもそうです。

 

こうした潜在意識の抵抗を上手く乗り越えるには、

本当はどうなりたいかの純粋な思いが必要なんですね。

 

そして自分の思いを実現するために、

潜在意識の機能について知る必要もあります。

 

潜在意識は感情的に訴えてくることが多いです。

面倒とか、恐怖とか、不安とかそんな感情です。

こうした感情を感じた時にその先を進めば、

変化できるというのを知っておくと良いでしょう。

 

 

引き寄せとは毎日常に起きているという事実

 

引き寄せの法則と聞くと、

さも特別な力のように思えませんか?

 

実は全くそんなことはなくて、

僕達の日常で当たり前のように起こってるんですね。

そもそも人って見たいものしか見えないんです。

 

これはどういうことかと言うと、

例えば学生時代に気になる異性がいた時、

その人のことばかり意識してませんでしたか?

 

目の端でそれとなく観察していたり、

好きな異性の声だけがずっと耳に入ってきたり、

何となく意識がその人に向けられていたり・・・

 

人は強い関心のあるものに意識が向くもので、

これが「フォーカスの力」と言われています。

 

意識が強いと街で偶然好きな人を見つけたり、

気が付いたらそういう人が行きそうな場所に行き、

何となく心のどこかで期待したりするんですね。

 

強い関心があるから引き寄せが働くわけです。

 

ではもっと分かりやすい例を出しましょう。

黄色のものを見つけるという意識で、

あなたの部屋の周りを観察してみて下さい。

 

ちょっと意識しただけなのに、

意外と見つけることができなかったでしょうか。

 

つまりこれがフォーカスの力であり、

目的を明確にすると感度が高まるわけです。

 

僕達は普段何の目的意識もなく生活します。

すると目にするものなんてそれなりのもので、

それでは人生を変える手段なんて見えません。

 

お金をすぐに手に入れたい云々は関係なく、

自分は本当はどうなりたいかの目的を明確にすると、

日常から次第にヒントが浮かび上がってきます。

 

引き寄せの法則なんて特別な方法じゃなく、

単に目的の明確さがものを言うだけなんですね。

 

 

実現したいことは本音と行動が大切

本日のまとめ:

  • お金がすぐ手に入ってしまう人の真実
  • 潜在意識のある機能が至るところで発動している
  • 引き寄せとは毎日常に起きているという事実

 

冒頭でもお伝えしたように、

アファメーションとかドリームリストとか、

ビジュアライゼーションにインカンテーション、

それにフォーカスの力を活用することは、

目的の明確化には欠かせないものです。

 

ただし、

それが本音の部分からなのか?

というのが実現するには重要になってきます。

 

だからこそ、本当はどうなりたいのか?

 

この自分の本音が壁にぶつかっても、

前に進み続ける行動エネルギーとなり、

挫折に負けることなく進み続けるのです。

 

一方で大切なのは、

そのための具体的な行動を取っていくこと。

 

車のタイヤと同じように、

両輪が揃ってはじめて実現できます。

ただテクニックを使っただけじゃダメなんですね。

 

「結局は行動かよ・・・」

 

と、思ってしまうかもしれません。

けど結局は自分で動かなければ、

誰も何もしてくれないのが世の理です。

 

けど何もしないまま生きていくなんて、

せっかく人として生まれて勿体ないことです。

 

そのために潜在意識との付き合い方を知り、

少しでも望み通りの生き方に向けて行動をする。

それが人生を楽しくさせるのではないでしょうか。

 

関連記事:

潜在意識の現状維持を打破する2つのアプローチ法

潜在意識の最後の抵抗をなくすたった1つの方法

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ