精神的ストレス解消方法って何をすれば効果ある?

スポンサーリンク

精神的ストレス解消方法って何をすれば効果ある?

 

あなたのストレス解消法はなんでしょうか?

ストレス社会とか、何かとストレスが溜まりやすいと言われる現代ですが、

ではストレスについてどのくらい知っているかというと、

ほとんどの人はあまり認識は薄いと思います。

 

そんな僕もストレスと聞いて、曖昧な認識のまま生きてきました。

ですがストレスはとても身近な存在ですね。

 

そして、

 

ストレスには、良いストレスと悪いストレスの2種類が存在すると言われます。

 

もの事に向き合うときに良い緊張感を与えてくれるのが良いストレス。

どうしようもない現状に抑圧された感情が溜まっていくのが悪いストレス。

 

悪いストレスは、イヤだけど我慢して何かをすると溜まりやすいです。

その「イヤ」っていう気持ちが抑圧されていき、心の中に溜まります。

これが精神的ストレスの正体です。

 

そして、

 

その溜まったストレスが意識レベルで認識できるようになってくると、

 

「ああ、最近ストレスが溜まってきなたぁ・・・」

 

と意識的な実感として感じてくるようになるのです。

 

今回は、そんな悪いストレスにフォーカスして、

ストレスはなぜ溜まるのか?解消方法は何を意識するべきなのか?

精神的ストレス解消方法についてお伝えしたいと思います。

 

(前回は、イライラしない8つの方法-もし、怒りを静めることができたらにて、

イライラしない方法を8つご紹介し、イライラしないための簡単な質問、イライラの原因をお伝えしました。)

 

 

悪いストレスは溜まりやすい

 

あなたは、友人から今度の休日に一緒に遊ぶ約束をします。

そして友人からどこに行くか考えておいて欲しいと頼まれます。

そこであなたは、ネットや雑誌などでいろいろと調べはじめます。

 

すると、

 

いろんな情報が飛び込んできて、何を選んで良いか分からなくなってきました。

このようにどこに行くか決めるだけでもストレスは溜まりやすいのです。

そしてストレスが溜まっていくと、次にどうなるかと言うと、

ストレスを与えるきっかけとなった友人にたいして怒りを感じたりします。

 

つまり、責任転嫁しやすくなるのです。

 

要するに精神的ストレスを感じるようになった「きっかけ」に怒りを感じるのです。

 

なぜなら、

 

心に余裕がなくなるので、これ以上抱えきれなくなるからです。

 

仕事でストレスが溜まりやすい原因は何だと思いますか?

それは、仕事だと自分の自由が得られず、束縛されやすい現状にあるからです。

特に機械的作業のような同じことを淡々と繰り返す仕事は精神的ストレスを感じやすいです。

 

やらなければいけない、でも本当はこんなことしたくはない・・・

でもやらなければいけない、だって働かなければ生きていけないから・・・

 

いかがでしょう?

このような切実な悩みを常に感じていませんか?

もし、あなたがそうでないとするならとても素晴らしいことだと思います。

 

僕たちは、ほとんどの場合「やらなければいけない」現状の中で生きています。

当然のことながら、そんな現状ではストレスは溜まりやすいですね。

そうは言っても生きていかなければいけないので、

わがままなんて言っていられず、そんな不満な気持ちを抱きつつ毎日を過ごしています。

 

ですが、

 

感情というのは実はシンプルで、感じてあげさえすれば解放されるのです。

 

しかし、感じる余裕もないまま過ごしたり、感じることを避けて(フタをしたり)しまったり、

このような日々の過ごし方をするとストレスとしてどんどん溜まっていきます。

 

 

ストレスを放置し続けたら?

 

ストレスはそのまま放置していくと、

最初はイライラしたり何となく不安な状態になります。

だんだん集中力がなくなり、無気力状態になっていきます。

これは何かをするときに億劫に感じたり、面倒臭く感じたりするようになってきます。

 

また、

 

普段から考え事ばかりしてしまうので、頭に常に意識がまわった状態になり、

なかなか眠れなくなったり、夜何度も目が覚めたり、疲れがとれないなど、

頭が常に張った状態や睡眠に問題が生じてくるようになります。

 

脳は眠っているときに情報を処理します。

なので感情もまた眠っているときに処理するのです。

ということは感情をうまく処理しきれず、これもストレスを溜める原因となります。

 

そうしていくと精神的ストレスは、やがて身体へと問題が流れていきます。

「病は気から」と言うように、心が病むと身体に影響が出ます。

 

身体がダルいと感じるとき、気持ちも何だかすぐれないと思いませんか?

 

身体への影響は、偏頭痛や肩こりからはじまり、胃が悪くなったりします。

 

それから、

 

身体の問題だけでなく対人関係にも強く影響します。

 

イライラしているときは余裕がなく、他人に優しくなんてできませんね?

やる気が出ないときなんかは友人との約束が面倒に感じてしまいます。

 

 

精神的ストレス解消方法はシンプル

 

多くの方は、ストレス解消に、

カラオケ、ショッピング、スポーツ、飲酒など自分の好きなことをすると思います。

 

「自分の好きなこと」をすることにストレス解消のヒントがあります。

この「自分の好きなこと」には、感情を解放するという意味があります。

 

つまり、

 

どんな方法であっても抑圧された感情が解放できれば良いのです。

 

感情を抑えつけたり、フタをしてもストレスとして溜まっていくばかりです。

感情は、自分の心に意識を向けることで解放されていきます。

 

言い方を変えると、

 

身体で感じる感覚に意識を向けることで解放されるのです。

 

なぜなら、

 

意識を向けて感じることは、その感情を自分で「承認」するからです。

 

僕たちは他人に認められたい生き物です。

他人に話し掛けたとき、笑顔で対応してくれたら安心しませんか?

これは自分が話し掛けたことを相手が認めてくれたと感じたからです。

 

では、なぜ認められたいと思うのでしょう?

 

認めてもらうことで、今の自分を確認しているからです。

 

他人と比較することも同じことが言えます。

見栄を張って高いブランド物を身に付けたり高級車に乗ったりする理由は、

認めてもらうことで、今の自分を確認しているからです。

 

そして確認し続ける理由は生存本能にあります。

生きていくためには常に現状を確認し続ける必要があったからです。

 

それから、今の自分を確認できれば「安心」します。

この安心を得るために、あの手この手を使うのです。

この「安心」は潜在意識の現状維持メカニズムによって維持されています。

なので、常に見栄を張り続けたり自分を守るために声を掛け難くなったりします。

 

でも、本当はとてもシンプルに精神的ストレスは解消できます。

 

それが上記でご説明したように、

 

ただ身体で感じる感覚に意識を向けることで解放されるということです。

 

ツラいと感じたとき、寂しいと感じたとき、苦しいと感じたとき、

ただ、ただ感じることだけに徹してみてください。

あくる日、そんな苦しんだことなどウソのように忘れて日常を送れることに気づくでしょう。

 

難しく考えてしまうのは僕たちが勝手にそうしているだけであり、

本当はとてもシンプルで簡単にストレスは解消されるのだと思います。

 

解決しない問題に意識を向けるのではなく、ただ感じる感覚に意識を向け続けるだけ。

 

たったこれだけです。

 

感じたことをありのままに。

 

自分に素直になってストレスから解放されることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ