丁寧に生きる-イライラをすっきりさせる4つの考え方

スポンサーリンク

丁寧に生きる-イライラをすっきりさせる4つの考え方

 

毎日が時間に追われるような生活、

やらないといけないことに頭を支配される日々。

丁寧に生きることは特別なことではなく、

 

つい目を背けてしまうことに、

正面から向き合ってひとつひとつ片付けていくことで、

誰だって簡単に日々の暮らしの重たさから解放することができます。

 

仕事、家事、付き合いなどやるべきことは確かに多いと思います。

毎日が追われるように山積みになってしまうのかもしれません。

 

だけど、

 

四六時中、常に忙しいという訳ではありませんよね。

 

問題は、つい先送りしてしまうことではないでしょうか。

僕もこの先送りすることは、常々感じながら日々を送っております。

と言うのも、よく先送りしてしまうからです。

 

意識的にやるべきことに取り組むことで、

時間を先取りして心にゆとりを持って生活することができます。

あなたは丁寧に生きることにどんなイメージがあるでしょうか?

1日の時間の使い方を見つめ直すきっかけになればと思います。

 

(前回は、人生はシンプル-与えることで人生を変える7つのマインドにて、

自分の目標を実現したいと行動すれば、いつの間にか複雑に考えてしまうものです。

そこで人生はシンプルでただ与えることに徹するということをお伝えしました。)

 

 

1、それは今、本当にやるべきことでしょうか?

 

やるべきことが多すぎて、

頭の中がそれでパンパンになることがあると思います。

どうしてもやらなければいけないと意識が囚われてしまうのです。

とても、他のことを考える余裕なんてありません。

 

ですがよくよく考えてみると、

 

それは今、本当にやるべきことなのか不明確なこともあります。

 

要するにやるべきことの優先順位が分かっていないことです。

今日しなくてもいいことを無理やりしようとしてませんか?

わざわざやる必要のなことをやろうとしていないでしょうか?

部屋の中のモノも、その8割が捨てても生活に問題がないように、

 

やるべきことも、その8割が今すぐやるべきことではないのかもしれません。

 

やるべきことを厳選し、優先順位を付けることは、

丁寧に生きるための考え方だと思います。

 

 

2、もっとシンプルを心掛ける

 

  • SNSを見て自分は誰とも繋がっていない
  • 何かの集まりのときに取り残されているように感じる
  • 周囲を見渡すと自分が浮いているように感じる
  • 誰も自分のことなんてみてくれない

 

あなたはそんな風に感じたことはありませんか?

本当に大切なことは目には見えません。

そして本当に大切なことというのは、

 

このような一見ネガティブな感情からもヒントを得られます。

 

繋がっていない、疎外されたように感じるなら、

それはその環境に問題があるのではなく、

 

本当はどんな人たちと繋がりたいのかを知る手掛かりとなるのです。

 

そんなときは思い切って手放す勇気も必要かもしれません。

しかし、器が空になれば新たな水を足すことができます。

その新たな水の方が、あなたの心を満たすかもしれないのです。

シンプルを心掛けるとは、得たいもののために手放しくいくことです。

 

 

3、過去にこだわらず、未来に不安を抱かない

 

僕たちが不安を感じるとき、

それはまだ起こりもしない未来を想像しているからです。

 

また、

 

誰かのせいにしているときは、

過去に起こった出来事を思い出しているときです。

 

大切なのは、

 

今この瞬間に集中することです。

 

今この瞬間に何をするかで未来が決まります

そして過去の出来事を未来の糧にすることができます

丁寧に生きるとは、今この瞬間に集中することではないでしょうか。

少なくとも目の前のことに集中して行っているときは、

 

過去を思い出したり、未来を想像してはいないはずです。

 

もし過去や未来に意識が向くのであれば、

それは集中力が足りていないからかもしれません。

 

 

4、自分なりに意味を見出すこと

 

他人に言われてやっている行動は、

やらされているという感じになりやすいと思います。

それでは、とても丁寧に行動することはできないのかもしれません。

 

丁寧に生きるということは、

 

自分の意志で決めた行動の中から、自分なりの意味を見出すこと。

 

そうすることで行動することの質も上がっていくのではないでしょうか。

僕は会社で仕事をしているときは、いつもやらされている感でいっぱいでした。

とても目の前の仕事にたいして、意味など感じてはいませんでした。

これでは生きる意味が分からなくなるのも当然だと思いました。

 

ですがいきなり自分なりに意味を見出すなんてむずかしいかもしれません。

そんなときは、まず自分の意志で何かを決めて行動してみる。

そこからスタートしてみてはいかがでしょうか。

自分のとった行動なら、イライラすることも少なくなると思います。

 

 

丁寧な生き方とは自分に責任を持つこと

 

上記で紹介した内容をまとめると、

 

自分のやることに責任を持つことだと思います。

 

それが丁寧に生きることにつながっているのではないでしょうか。

もちろん、今回紹介した内容は僕の考えであって、

あなたに合う答えを採用していただければと思います。

そのためのひとつの参考になれば幸いです。

 

丁寧に生きて気持ちにゆとりがもてることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ