節約生活を続ける「習慣」で楽しく暮らそう

スポンサーリンク

節約生活を続ける「習慣」で楽しく暮らそう

節約生活を続ける「習慣」で楽しく暮らそう

節約生活を心掛けても続かない。

数日もするといつもの生活に戻ってしまう。

このような悩みを抱えていませんか?

そうしていくうちもお金はどんどん財布の中から消えてしまいます。

でもなかなか節約がうまくいかない。

そんな失敗を何度も経験された方に、

節約生活を続けるための「習慣」で問題を克服する方法をお伝えしたいと思います。

ぜひ参考にして頂きたいと思います。

 

 

計画的に節約

計画的に節約するためにはデータを取って具体的な数字にすることが大切です。

それが家計簿です。

ですが家計簿を付けることをあまり難しく考える必要はありません。

いきなりきっちりと家計簿を付けることは苦しいかもしれません。

なので、

適当なメモ帳を用意して、

食費・交際費・日用品など大まかなカテゴリーに分け、

今日使ったお金のことを思い出しながら記入すると良いと思います。

まずはできるところから確実に行う。

これが計画的に節約するためのコツです。

 

 

具体的な目的を決める

「よし節約しよう!」

と最初は勢いで続けることができるかもしれませんが、

節約とはダイエットと同じで習慣として生活の中に組み込むことが成功の鍵です。

そのためには具体的な目的を決めることが必要になります。

具体的な目的とは、

節約生活が習慣として身についたときの理想的な自分を感じることです。

もしそこにワクワクした感覚がないとすると、

少し目的意識が弱いかもしれません。

どうしても良い感覚を感じることが難しいようでしたら、

「節約生活をして1年後に5万円貯まったら海外旅行に行く」

という風に具体的な数値目標を付加させて、

あなたの未来に海外旅行などの夢の要素を加えてワクワク感を得るようにしてみる。

このように自分が継続してやる気が出るように工夫してみると良いと思います。

要は、

「どうしても達成したい」

と思えることができれば良いのです。

 

 

小さな出費を如何に抑えるか

節約の大敵とも言える存在は、

実は毎日普段使う100円200円単位の小さな出費です。

コンビニで買う缶コーヒーや弁当。

ついつい安いからと買ってしまう衝動を如何に抑えるか。

ここが節約の一番のポイントと言えるかもしれません。

では小さな衝動買いが習慣になっている場合はどうすると良いのでしょうか。

それは、

あなたの目的と今すぐ満たしたい衝動を比較したとき、

どうやら潜在意識では今すぐ満たしたい衝動を優先順位にしている可能性があります。

あなたはそれによって何が満たされているのでしょうか?

ついついお金の無駄使いをしてしまったと思ったとき、

自分がどんな感情を満たしたいからお金を使ったのか。

そこを考えることが必要です。

なぜならば、

問題となっている行動の理由が分かれば、

問題解決がしやすくなるからです。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

具体的な数値化をして現状をより把握するための、

簡単な家計簿から始める方法。

節約生活を続ける為の自分の理想の目的の明確化。

そして夢の要素を加えてより目的意識を強める工夫。

その上で日々の生活の出費を如何に抑えていくか。

そして衝動的な行動の原因を見つめることで改善を目指す。

このように考えてみると、

あなたの節約生活を意味のある充実した「習慣」へと変化させることができると思います。

あなたの節約生活が心から楽しめることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ