節約・貯蓄サラリーマン生活を変える5つの考え方

スポンサーリンク

節約・貯蓄サラリーマン生活を変える5つの考え方

あなたは節約をして少ない給料から何とか貯蓄を作りたいと思ってませんか?

忙しいサラリーマンの生活では節約もうまくいかないこともあるかもしれません。

そして、

「よし!頑張って節約するぞ」

と意気込んで生活スタイルを変えてはみたものの、

いつの間にか元の生活に戻ってしまい、

上手く節約できなかったことを心のどこかで言い訳をして、

どこか何とも言えない悶々とした何かを抱えながら日々を過ごす。

このような気持ちで日常を送っていることもあるかもしれません。

僕も節約に関してはあまり得意ではありません。

特に食費に関しては全戦全敗。

お金の使い方もどこかいけないような思いを持ちながら、

でも「これが食べたい」という衝動を抑えられず、

悶々した何かを抱えながら小さな欲求を満たしていました。

忙しいサラリーマン生活でも何とか前向きに臨んでいけるよう、

節約・貯蓄の考え方に触れていきたいと思います。

 

 

1、できる節約とできない節約を知る

どんなに良い節約方法でも、

それをできる人とできない人が出てくるのは当たり前のことだと思います。

あなたは自分に合わない方法で節約をしようとしていませんか?

たとえば、

毎日外食をしていて節約のために毎日弁当を作りはじめて夜は自炊をする。

一週間に2,3回は飲みに行っていたのをやめる。

生活そのものを変える意気込みはとても素晴らしいことだと思います。

ですが大概このような節約ではうまくいきません。

なぜならば大きく生活スタイルを変えることになるからです。

「習慣」の力はかなり強く、

たとえある程度の期間節約し続けることができても、

油断するとまた元の生活に戻ってしまう。

このような経験を節約に限らず人生に一度くらいはしたことがあるかもしれません。

それは元の生き方が習慣として板に着いているからです。

それほど習慣の力は強いと言えます。

一度だけでも失敗してしまうと簡単に元の生活に戻ってしまいます。

なのでまずは簡単で自分に「確実」にできると思えるところから始めることが良いと思います。

自炊も毎日する必要はないと思います。

週末だけ節約のための自炊をはじめてみても良いかもしれません。

 

 

2、目的を決める

あなたは何のために節約をしようとしていますか?

ここがもし、

「生活を切り詰めるため」

といった理由だとうまく節約できないかもしれません。

何のために節約をして貯蓄をつくるのか。

そこのところを具体的に明確にするが大切だと思います。

しかもそれは未来に希望を感じることのできるポジティブなものにすると、

毎日節約するためのモチベーションにも影響すると思います。

たとえば、

「食費を月1万円節約することができれば資格をとるために学校に行ける」

「毎月2万円節約できれば投資のための資金を早く調達できるかもしれない」

そしてそこでうまくいっている自分を想像します。

あなたは節約がうまくできるようになるとどんな風に日常を過ごしていますか?

そのときの気持ちを感じてみるのがコツです。

 

 

3、漠然と抱える不安も目標が効く

何のために節約をするのか。

節約と言えば、

「我慢をしなければいけない」

「切羽詰まった厳しい状況」

「家計簿やこまめな節電など面倒」

このようなマイナスなイメージを持っている人もいるかもしれません。

人は痛みと感じることは避けるようになります。

なので節約を考える上で大切にしたいもう一つの考え方は、

人生を楽しむために節約を取り入れる。

このことを意識して欲しいと思います。

たとえば、

1年間で100万円貯蓄してその中から20万円使って海外旅行する。

海外旅行は「夢」の要素があります。

そしてその夢を叶えているところを想像するととてもワクワクしてきませんか?

あなたはどんな夢を叶えたいでしょうか?

ぜひそんなところも考えてみて欲しいと思います。

そうすると節約に対する向き合い方も変わってきます。

このように希望的なところに見方を変えることによって、

未来までもわくわくするような感覚が出てきませんか?

少なくともそれを考えていないときよりも気持ちに変化があると思います。

 

 

4、目的と目標のふたつを理解する

実は目的と目標のふたつは違いがあります。

目的とは、

節約をすることでどんな感情を満たしたいか。

気持ちにフォーカスします。

人は理屈ではなく感動して動くと言われています。

その比率は1:9です。

圧倒的に感動という感情の部分が強いのです。

よく言っていることは正しいけど何だか納得いかないことはありませんか?

それは理屈では分かっていても気持ちでは納得していない証拠です。

そして目標というのは、

目的を達成するための具体的な数値目標です。

それを達成するために具体的にどのような節約方法を行い、

それをどのくらいの期間でいくら貯蓄をするのか。

このように具体的な数値目標をを決めることです。

このふたつを自分の中で明確にすることで実行力は格段にアップします。

 

 

5、素晴らしい結果の前に訪れる試練

どんなことでも忍耐を試されるときがやってきます。

あなたが自分にできるできないをしっかり見極め、

目的意識と具体的な行動目標を明確に持っていることで、

忍耐力を必要とする状況に耐えて実行し続けることができると思います。

忍耐が試される時期がくるということは、

言い換えると、

その行動が上手くいっていることを意味します。

なぜならば、

何もせず今までの生活を続けていればそのような状況は訪れないからです。

忍耐を試されている時期は成果を実感できることはありませんが、

ここを乗り越えることができると新しい習慣が形成されます。

そして素晴らしい結果が訪れるのはここからです。

それまで耐えてきた分が雪崩のように一気に押し寄せてきます。

それが生き方が変わるというのかもしれません。

 

 

まとめ

以上が節約・貯蓄サラリーマン生活を変える5つの考え方です。

いかがでしたでしょうか。

簡単にふれましたがとても重要なところなので、

ここを基本的に考えて欲しいと思います。

そうしなければ、

「何のために節約をしているのか?」

と迷走してしまいせっかくの節約生活が台無しになってしまうかもしれないからです。

あなたの節約が上手くいくことを心より願っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ