良質な節約生活を送る7つの心得

スポンサーリンク

良質な節約生活を送る7つの心得

あなたは節約することはあまり楽しくないものと思ってませんか?

もっと良質節約生活を送るためには節約を楽しいものにする必要があります。

なぜならば、

人は他人に言われて強制されて動かされるのと、

自らの意志で考えて決めて行動するのとでは、

得られる結果がまるで違うからです。

そこには成長を実感できる喜びや目標を達成したときの爽快感があります。

それは決して他人に言われてやらされている行動では味わえないのではないでしょうか。

そして、

節約生活を行うのは仕事のように強制ではありません。

そこに楽しさや充実などの実感を得ることができなければ、

行動はなかなか継続することが難しいのです。

その基本となる考え方をお伝えしたいと思います。

一度節約とは何のかを見つめ直してみてください。

 

 

1、最初は金銭感覚がゼロの状態で生まれてきた

僕たちはなぜ節約をするのでしょうか。

「今の生活と金銭感覚に違いがあるから」

「今の生活の仕方だとやっていけないから」

「将来のためにお金を貯めないといけないから」

いろんな理由がありその通りだと思います。

人は肌に感覚があるので痛みを感じて危険を回避することができます。

それと同じように、

金銭感覚を磨くことはお金の痛みを知って適切に調整することが大切だと思います。

それにはお金に直接学ぶことが一番手っ取り早いでしょう。

あなたは十分にお金の痛みについて学んできたはずです。

なので節約を考えているのではないでしょうか。

そうですよね?

節約とは金銭感覚との付き合い方とも言えます。

なのでお金を使ったときの身体の感覚を見つめることや、

どうすればお金を使うことで気持ち良くなれるのかを考えることが大切です。

 

 

2、自分で働いたお金を使い節約

節約がうまくできない理由。

それは「金銭感覚」が適切ではないからです。

決して鈍いからではありません。

適切な感覚へと調節するだけです。

実際に一人暮らしをはじめて自分のお金で生活をやりくりすると、

実家暮らしのときよりお金について考えるようになったり、

お金の使い方に変化が現れたり、

お金の見方そのものが変わると思います。

このように人は環境に応じて適切に変化します。

うまく節約ができないと感じる場合、

それはどこかで今の生活のままで生きていくことが何とかできているかだと思います。

なので今の納得しない生活スタイルが継続しているのではないでしょうか。

 

 

3、痛みを経験すると底力になる

火事場の糞力だとか、

底力のある強い人など、

聞いたことはあると思います。

このような力を発揮できる理由は「痛み」を経験しているからかもしれません。

もし痛みを知らないならば、

それが危機的状況であると判断できないのではないでしょうか。

節約生活をしていると忍耐力を試される場面に遭遇します。

それを如何に乗り越えるかが成功の鍵を握っていると言えます。

 

 

4、成功の鍵の正体は

成功の鍵は「習慣化」です。

習慣化することで金銭感覚が適切に調整できて、

結果的に節約がうまくできるようになります。

この習慣化こそが大切であり、

壁を乗り越えるための忍耐を試される瞬間なのです。

 

 

5、何のために節約をするのか

お金を節約するポイントは、

あることを問い掛けることが重要です。

それは、

「何のために節約をするのか」

これを自分自身に問い掛けて欲しいのです。

特に行動し続けていくと途中で迷走したり、

知識を詰め込み過ぎて頭がパンパンになってしまったりと、

このような状況になると、

「一体何のためにやっているのだろう」

と行動することの意味すら見失うことがあります。

そのようなときも本来は焦る必要はないのですが、

できれば、

「何のために節約をするのか」

これを一回だけにとどめず何度でも自分に問い掛けて欲しいと思います。

なぜならば、

自分が成長するに応じて当初の目的より、

より自分に適した質の良い目的が見えてきたりするものだからです。

より良いものへと柔軟に変化するためにぜひ自分に問い掛けて欲しいと思います。

 

 

6、物がなくても生きていける

なぜその物が欲しいのでしょうか?

節約と言えばマイナスのイメージを持つ人が多いのかもしれません。

それは我慢、辛抱、苦しみがあるからです。

言い換えるなら、

忍耐力を試されていると言えます。

本当はそこを乗り越えることで成長し、

成長を実感できるからこそ本当の喜びや楽しさなどの感動を味わえることができるのです。

あなたには目の前の苦しさから目を背けないで欲しいのです。

それは成長するチャンスだからです。

欲しいと思う物を我慢する。

それによって得られる感動はどんなものがあると思いますか?

もしそのときの感動の方が少しでも良いと感じられれば、

あなたは絶対に成長を選ぶべきです。

 

 

7、節約はゲームと同じ

節約はゲームの感覚と同じように捉えてみるといかがでしょう。

少しは見方が変わってきませんか?

節約は我慢でもなく辛抱でもなく根性でもありません。

ゲーム感覚のように楽しく行うことが大切だと思います。

そこでのポイントをひとつご紹介します。

それは、

お金を使ったときの楽しい感覚を意識することです。

どのようにお金を使うと楽しいと感じるのか?

たとえば、

一週間分の食材をまとめて買ったときは何だか満足感があります。

そこの感覚を大切にすることで、

いままで毎日スーパーに寄っていて、

あまり良い気持ちも感じずに生活していたのが、

お金を使うことで気持ちの良い時間を味わうことができるようになる。

これだけで人生の質が変わってくると思います。

これが良質な節約生活の肝にあたると思います。

 

 

良質な節約生活を送る7つの心得まとめ

いかがでしたでしょうか。

もしかするとこのような節約の考え方など、

他を探しても今まで見つからなかった情報かもしれません。

これは節約を通して自分を成長させて人生を変える方法です。

そして脳科学の視点から行動の元である考え方そのものを変える具体的な方法をお伝えしています。

なぜ考え方に意識を向けるのかと言うと、

行動することの意味を自分の中で見出すことで、

質の高い生き方ができるからです。

良質の節約生活とは、

質の高い生き方と言えます。

あなたの人生がより質の高い生き方になることを心より祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ