自分の財産になる正しいお金の使い方を考える5つの知恵

スポンサーリンク

自分の財産になる正しいお金の使い方を考える5つの知恵

 

お金の使い方は、学校も親も教えてはくれません。

それだけに僕たちは、社会人になって苦労してしまいます。

失敗を続けないために正しいお金の使い方を知りたくありませんか?

 

あなたはこのことに不思議に思いませんか?

 

どうしてこれだけ身近な存在である「お金」にたいして、

それを学ぶための教育の場がないのでしょうか。

 

正しいお金の使い方が分からないばかりに、

欲しい物はクレジットカードを使って安易に購入したり、

 

「お金は卑しい存在」

 

と誰もがお金の話をすることに抵抗感を持ちながら、

借金をすることは当たりまえのように行われています。

僕はここが不思議に思えて仕方がありません。

 

確かに、欲しい物があるとローンを組むことは便利だし、

すぐに欲しい物が手元に届く喜びがあります。

僕も欲しい物を見るとクレジットの便利さが頭に浮かんでしまいます。

 

ですが、

 

今の世の中は「選択の自由」がもの凄く大きくなってきました。

そこから何が言えるのかと言うと、

 

自分自身が責任をもって正しいお金使い方をする知識が必要だと言うこと。

 

正しくお金を使うためには、どこに意識を向ける必要があるのか。

今回ご紹介する内容が、あなたのお金の使い方のヒントになれば幸いです。

 

(前回は、一人暮らしの貯金の仕方-低収入でも100万円の7つの貯蓄術にて、

一人暮らしをしていると意外と貯金ができなくて苦労してしまいやすいですが、

さらに低収入であっても100万円貯金するための貯蓄術をご紹介しました。)

 

 

1、自分が成長するためにお金を使う

 

僕たちは、すぐに結果が出る方法に手を出したがります。

 

「1日たった5分の作業で○○円の報酬」

「忙しいあなたでも片手間でできます」

「ボタン1つで○○が入り続けます」

 

僕も最初のころは、ネット上のこのようなフレーズに惹かれました。

今考えると、そんなことはまずあり得ないことがよく分かります。

 

本当の財産は自分自身に構築していくものだと思います。

 

そのためには、自分が成長するためにお金を投資していくことです。

そう思って自分の成長のために本を購入することがあるかもしれません。

 

しかし、

 

何も考えずに本をただ読むだけでは、実は成長にはつながらないのです。

自分が成長するためにお金を使うとは、

 

考えて「生み出す力」を手に入れるということです。

 

そうなってくると、

本を読もうというより、本を使おうという意識になるのではないでしょうか。

 

 

2、生きたお金の使い方「生き金」にする

 

ストレス解消のためにお金を使うことは「死に金」です。

自分が成長するためにお金を使うことを「生き金」になります。

 

お金とは物質でありながらエネルギーでもあります。

エネルギーである以上はお金には「流れ」があるのです。

お金を貯めるとは、この流れを止めることにもなります。

ある程度の貯蓄は精神安定としても必要不可欠ですが、

 

正しいお金の使い方は、お金の流れに沿ってうまく流すことです。

 

それが自分の成長のためにお金を使うということであり、

この流れを自分の中でうまく循環させることで財産となります。

 

お金の流れは目に見えませんが、それを感じられることが重要です。

 

 

3、負の感情はお金では解決できない

 

イライラ、不安、恐れ、悲しみ・・・

このような負の感情は、決してお金では解決できません。

 

会社でストレスを溜めて、

週末にカラオケや居酒屋でハメをはずして発散をしても、

また週明けになると同じ苦しみを繰り返してしまいますね。

 

ここからはっきりと言えるのが、

お金を使ったからと言って絶対に気分が良くなることはないということです。

 

それよりも、

 

ジムで運動して汗かいて、夜はぐっすりと眠った方が解消されます。

運動は身体に負荷をかけるので、それこそ今この瞬間に忘れることができます。

 

 

4、ムダな物を入れないシンプルライフ

 

お金の使い方を考えるなら、

部屋の状態を見直すことがお金とも良い付き合い方ができます。

 

不要な物を捨てて部屋をすっきりと片付ければ、

買い物をするときに部屋に物を買い入れることに抵抗が出てきます。

 

何気なく買い物をしていたことも、

「これは本当に必要なのか?」と冷静に考える意識も芽生えてきます。

 

必要な物にはしっかりとお金をかけることの意味を理解し、

結果的にお気に入りを長く愛用することで満足感節約ができます。

 

シンプルライフのライフスタイルは、

心地良い毎日を送るには、とてもおススメです。

 

 

5、楽しいことに使うことが一番正しい

 

やる気のないことにお金を使っても仕方がありません。

何かを学ぶにしてもやる気がなければ、お金をドブに捨てたようなものです。

 

それより、

 

自分の好きなことにお金を使うことが正しいと思います。

 

自分が好きなことは遊びであっても学びがあります。

それそのものが良い経験となるでしょうし、価値を感じられます。

 

見栄を張ってあとになって苦しい思いをすることより、

たとえ周囲と違っても自分の好きなことにお金を使うことです。

 

 

誰かを喜ばせること

 

世の中は価値と価値の交換と言われています。

コーヒーが欲しいと思ったとき、コンビニでは123円で交換します。

コーヒーの価値と123円の価値です。

 

ですが、

 

なぜコーヒーが欲しいのかと言ったら、

コーヒーを飲むことで得られる雰囲気や味などの感情です。

 

リッツカールトンでは最高の空間最高のもてなしをすることで、

ディスカウントショップで100円すらせずに買えるコーラを、

1000円という価格で提供しても、お客は満足します。

 

誰かを喜ばせることにお金を使うことが大切なのだと思います。

 

あなたはどんな人にどんな価値を提供しますか?

正しいお金の使い方ができることを祈っています。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ