なぜかお金が貯まらない人の悪しき習慣を断つ4つのシンプル化

スポンサーリンク

なぜかお金が貯まらない人の悪しき習慣を断つ4つのシンプル化

 

給料日前の金欠状態、ATMでお金を下ろす罪悪感・・・

なぜかお金が貯まらない自分の悪い習慣に悩んでませんか?

クレジットカードの明細を見るのが嫌になってませんか?

 

お金をコントロールすることは、とてもむずかしいですね。

お金に関する上記のような問題を克服するには、

また自分の悪い習慣を変えるにはどうすればいいのでしょう。

 

「金が関わるとろくなことがない!」

 

このように言う人も多いと思いますし、

このように感じてしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、

 

問題はお金そのものではありません。

 

実際は、

 

お金が問題なのではなく、お金に関連していることです。

 

お金に関連していることに焦点を当てることが必要です。

見つめるべきポイントがズレてしまうと解決できません。

 

なぜなら、

 

お金にたいして「悪い」という思い込みができることで、

余計にお金が離れてしまう習慣をつくってしまうからです。

 

そのためには、

 

日常の習慣を変えることで、

お金にたいして「良い」という思い込みをつくると良いのです。

 

(前回は、お金を使わない生活をするために考えたい4つの買い物の知恵にて、

お金を使わない生活をするために、具体的にどこに注意する必要があるのか、

そのために考えておきたい知恵を4つに分けて紹介しました。)

 

 

1、財布の中身をシンプル化

 

財布の中にレシートやカードが入ってませんか?

財布の役割はお金を入れることです。

 

ならば、

 

いっそのことお金のみを入れるくらい中身をきれいにしましょう。

 

そして、

 

折りたたみの財布より長財布を使います。

 

長財布にすることで「見える化」しやすいからです。

パッと見て確認しやすくなると、お金の管理が楽になります。

 

カードはカードケースを用意して別保管します。

僕は、カードケースにしたお陰で、財布が盗まれたときにお金だけで済みました。

クレジットカードやキャッシュカードは、カードケースに別保管していたからです。

 

まずは一度中身を全部取り出して、中のものは捨てましょう。

財布の中身はお金にだけにしてシンプルに。

シンプル化することで、お金の管理がしやすく気分的にも楽です。

 

 

2、支払いの仕組みをシンプル化

 

よくクレジットカード払いをしてませんか?

ローンを組んで回数払いにしてませんか?

リボルビング払いはいかがでしょう?

 

クレジットカードの魅力は、後で分割して支払うことです。

そのため、お金をこの場で支払うという「痛み」をほとんど感じません。

 

それが厄介なのです。

 

クレジットカードのツケは、必ず拭わなければいけません。

実は自己管理能力を問われるのがクレジットカードなのです。

 

まずはお金の「痛み」を改めて感じてみましょう。

 

実際に現物のお金で支払うのです。

自分の財布から実際に減っていく「痛み」を感じることです。

それがお金のありがたみです。

 

しっかりと「痛み」を味わってから、

上級者向けであるクレジットカードを活用しましょう。

 

そうすれば、

 

お金にたいする向き合い方が変化することを楽しめます。

 

 

3、お金にたいする「感情」をシンプル化

 

何かを買うとき、

お金を支払っているときに何を感じているか、

あなたは、意識的に感じてみたことはありますか?

 

多くの人は、そんなところにまで意識を傾けません。

 

大切なのは、

 

どんなお金の使い方をしたときに「心地の良さ」を感じるかです。

 

お金の「痛み」を理解して、

どんなお金の使い方をすると心が満たされるのかを知ると、

 

お金に好かれる体質へと変化することができます。

 

要するにお金にたいしてプラスの感情を味わうことです。

好きなことをするときは嬉しかったり、楽しかったりしますね?

そうなると「もっとしたい!」「もっと欲しい」となって、

より一層、求めるようになります。

 

プラスの「感情」を感じる方向へと向かうことが大切です。

 

そのために、それ以外の「感情」は捨てましょう。

 

 

4、執着心を捨てて「欲」をシンプル化

 

「お金がない!」

 

という人の口癖は何が原因だと思いますか?

 

それは、

 

見栄やエゴによる身の丈以上のお金を使うことです。

十分な準備が整っていないのに、高額なものに手をつけてしまう。

 

もちろん、身の丈以上のものを手にすることは、

そのもの自体をしっかりと手綱を引くことができません。

 

そして、

 

あとでツケがきて、首がまわらない状態になってしまうのです。

 

たとえば、

 

身の丈以上の高級外車を買えば、月々の多額のローンが待ち構えています。

現実的な状況と精神的な状態を含め、しっかりと準備を整えることが大切です。

 

そのためには、

 

「欲しい!」という衝動をあきらめることです。

「良く見られたい!」という見栄を捨てることです。

 

欲は欲でも、あなたが心から欲しい本当のものに意識を向けましょう。

それは「楽しい」と感じることや「幸せ」を感じることです。

 

 

お金が貯まらない人は「習慣」を変えること

 

なぜかお金が貯まらない人は、

お金が貯まらなくなるような「悪い習慣」が身についているだけです。

 

それは、

 

お金が貯まるような「良い習慣」に変えれば改善できます。

 

そのために、自分の習慣となっているものの何を捨てる必要があるのか?

心の中の執着しているところを見つけて手放すことが大切です。

 

本当に欲しいものは、捨てることで得られます。

 

この事実に気づくことができれば、

人生そのものも大きく変えることができるでしょう。

それがこのブログでも提唱しているシンプルライフの送り方です。

 

心の中の執着とは目には見えないので分かりにくいかもしれません。

そこで具体的に何をどのように捨てればいいかを知るために、

人生で成功をおさめるために捨てるべきたった1つの心の癖

心のゴミを捨てることで必要な行動のみに厳選する思考法

捨てる勇気-イライラして息苦しい感情を手放す5つの執着

プライドを捨てる方法-染みついた習慣を変える4つのハコ

これらの記事は心もお金も豊かにするための手放し方をお伝えしています。

ぜひ、合わせて参考にしてみて下さい。

 

自由を手に入れられることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ