人生変えたいと本気で望むあなたが意識するべき3つの思考

スポンサーリンク

人生変えたいと本気で望むあなたが意識するべき3つの思考

 

なんでこんなに人生がうまくいかないのか・・・

今、おかれている状況をなんとか変えていきたい・・・

現状に不満なら人生変えたいと望む人は多いと思います。

 

そして何をしたらいいのか漠然としているのではないでしょうか。

 

僕も20代の頃のほとんどはフリーターでした。

正社員としての経験なんてわずか1年2ヶ月しかありません。

そんな正社員も「臭い・汚い・忙しい」の三拍子でノックアウト。

経済的にも不安定なフリーター生活を続けていました。

 

30代では製造業の派遣社員になれたと思ったら、

今度はパワハラや孤立化で精神的に辛い日々の繰り返し。

苦手な夜勤やイライラする機械の管理に毎日が憂うつでした。

 

「もうイヤだ!こんな人生変えたい!」

 

何度、そんなことを思ったでしょうか。

だけどそんな僕も2015年4月に独立することができました。

人生変えたいと本気で望むのならば意識するべきことがあります。

今回は、その根幹とも言える3つの思考についてお伝えします。

 

(前回は、許せない人を忘れたいときの重い気持ちをパッと手放す方法にて、

許せない人の存在はなかなか頭から離れず重たい気持ちになりやすいですが、

それを忘れたいときの知られざるあることについてお伝えしました。)

 

 

1、時間の使い方を変える

 

時間の使い方は多くの人が大切だと思ってますね。

僕にとって一番強く意識している時間の使い方は、

 

それは「パレートの法則」です。

 

あなたもきっとご存知のことだと思います。

これは「80:20の法則」とも言われてますね。

要するに全体の2割が最も重要だと言うことです。

 

仕事にしても遊びにしても最も重要な集中する瞬間があり、

その重要な部分で全体の8割が決めるくらいの影響力です。

365日なら73日、1ヶ月なら約1週間、24時間なら約5時間。

最もコアとなる重要な瞬間は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

「じゃあ、残りの8割は手を抜いてもいいのか」

「人生変えたいと本気で思うなら全力ですべきだ」

「24時間、常に成りたい自分を意識するべきだ」

 

確かにその通りで、そうあるべきなのかもしれません。

ですがその中でも最も重要な瞬間というのがあるのではないでしょうか。

つまり集中すべき瞬間を見極めていく時間の使い方が大切なのです。

そして日常から意識していれば、それは次第に見えてきます。

 

 

2、付き合う人を変える

 

ぼく達は普段から他人に影響されて生きています。

それは無意識に起こっていることなので、

 

いつの間にか性格が変わっていることも意外とあることなのです。

 

そこで大切なのが付き合う人を変えるということです。

言い換えると付き合う人を自分で選ぶということでもあります。

 

あなたが今、人生変えたいと望んでいるのなら、

自分を変える必要があるんだと感じていると思います。

だけど自分を変えるということは苦しさや辛さを感じるものです。

なぜなら居心地の良いところから出て新しい習慣を身に付ける、

このように自分を変えていかなければいけないからです。

 

つまり自分を変えることはそれだけしんどいことでもあるのです。

しんどいと感じるのは潜在意識の現状を維持する機能があるからです。

そもそも人の本能は変わることを避けるようになっています。

ということは、他人にもこの現状を維持する機能があるので、

あなたの生き方が変わるということはその人にとっては、

 

今までと違うあなたになるので居心地が悪く感じてしまうのです。

 

上司が辞めるのを引きとめようとしてくるのも、

嫁が夫の転職を止めさせて安定した生活を求めるのも、

あなたの挑戦を友人が説得してなだめてくるのも、

 

その人にとって居心地の良いものが失われてしまうからです。

 

だって今まで意気投合していたのに、

急にあなたが変わって話がかみ合わなくなってしまったら、

その人にとってはそれほど面白くないことはありません。

今までの安定した生活を失ってしまうかもしれない。

今までの安定した流れを失ってしまうかもしれない。

 

だけど今まできずいてきた関係をくずさないためにも、

あえて距離をとって付き合う人を変えていくのです。

あなたが変わろうとアクションを起こそうとするとそれは訪れて、

あなたが変わってしまえばあなたに影響することはないのです。

 

 

3、環境を変える

 

小学校、中学校までは暗くて目立たなかったけど、

高校に入った途端にまるで180度変わったかのように明るくなり、

そだけだけならまだしも、なんと恋人までできていた・・・

学生時代、そんな友達が1人はいなかったでしょうか。

 

また引っ越して住む場所を変えることで、

今までずっと悩まされていたことがウソのように消えて、

そしてそんな悩みさえもすっかり忘れて生活を送っている・・・

本気で片付けたいなら引っ越すべきとも言えるのです。

 

僕は2012年8月に借金を全額返済して、

残りの貯金を使ってアパートを借りて実家を出ました。

それから半年後にブログを毎日書き続けるということに挑戦し、

2014年1月からはブログから収入を得られるようになりました。

 

環境を変えることは、今までの足枷をパッと取っ払える力があります。

 

つまり環境を変えるということは悩みを解消する手段なのです。

集中できる場所を選ばなければ試験勉強ができないように、

本気で人生変えたいのなら環境選びは非常に重要です。

 

 

テクニックで上手になっても本質は変わらない

 

自分を変えるというのは非常にシンプルで、

 

自分の”考え方を変える”ということです。

 

自分の考え方が変われば、

あとは目的地まで飛行機のオートパイロットのように向かってくれます。

だけど、その目的とは明後日の方向に行ってしまうというのは、

 

根本的に考え方がズレていると言っても言いすぎではないのです。

 

その典型なのがテクニックでうまくなろうという考えです。

それは一流の営業マンと詐欺師がほぼ同じテクニックを使っているのに、

世間の見られ方を想像してみれば一目瞭然だと思います。

 

部屋を片付けることにしても、

単なる収納上手は、ただ隠すのが上手になってしまっているだけで、

自分の過去にカタがついていないので根本的には何も解決できず、

 

  • 自分の本音を隠して建前だけで生きようとする
  • 何が必要で不要かを判断できずに生き方に迷走する

 

こうして自分自身が分からなくなってしまうのです。

それはもちろん、誰だって100%なんてあり得ません。

何かしら多少はどこかズレているものだと思います。

だからこそ自分の内面の考え方を見つめることが大切ではないでしょうか。

 

新たなステージに上がれることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ