幸せな生き方ってなに?精神的に辛い状況を変える10の心得

スポンサーリンク

幸せな生き方ってなに?精神的に辛い状況を変える10の心得

 

あなたにとっての幸せな生き方って何でしょうか?

今、精神的に辛い状況であるなら、

それは人生を無駄遣いしていることになるのかもしれません。

 

では、どんな人生を送ることが自分にとって一番幸せなのでしょう。

 

それは、

 

自分が元気になれる生き方が一番幸せな人生です。

 

実際のところ、自分が元気で楽しく生きたいからこそ、

僕たちは一生懸命にお金を稼いだり、友人を増やしたりします。

 

お金を稼いで、好きなことに使って、そして元気になれます。

気の合う友人をつくって、楽しい時間を過ごして、そして元気になれます。

好きな人とデートをして味わう気持ちもまた、元気になれます。

 

すべては、自分が元気になるためにやっていることなのです。

 

身体も元気で、心も元気でいられることが幸せな生き方です。

精神的に辛い状況であるならば、いずれは病気になるかもしれません。

心にフタをするとストレスとなり、やがて爆発してしまいます。

今回は、幸せな生き方をするための気をつけたい習慣を紹介します。

 

(前回は、自分には才能がないと思う人へ-シンプルな5つの見つけ方にて、

自分に才能がないと思う人は才能にたいする認識を誤解しているケースがあり、

その誤解を解きつつ才能の見つけ方をシンプルに紹介しました。)

 

 

1、相手に無理に合わせなくてもいい

 

相手に無理に合わせようと思うと疲れませんか?

相手が自分に合わせてくれないのなら、

無理に相手に合わせる必要はないと思います。

 

 

2、人から理解してもらう必要はない

 

分かってもらおうとすると、頑張り過ぎて疲れてしまいます。

自分の価値観と同じ人にだけ、気持ちを分かち合えれば十分だと思います。

 

なぜなら、

 

長い目で見ると、価値観が同じ人が結局最後まで一緒にいるからです。

 

 

3、ときには休むことも大切

 

何度頑張っても納得できない状況は出てきます。

そんなときは、一旦休んで気持ちを楽にしてあげることも必要です。

筋トレをすれば、休んでいるときに筋肉がパワーアップするように、

心もまた、休んでいるときにパワーアップします。

 

 

4、完璧を求めない

 

この世で成果を出せる人とうのは、

完璧にもの事を遂行できる人ではありません。

必要なことを必要なだけ成し遂げることができる人です。

 

つまり、

 

適切なタイミングや分量を推し量れることも大切です。

 

 

5、迷ったときは苦しい選択をする

 

意外と思われる人もいるかもしれませんが、

楽をして、そう簡単には幸せな生き方はできません。

幸せな生き方をするには、それなりのことをする必要があります。

人生で迷ったとき、それは幸せな生き方を問われているのです。

 

 

6、素直になることを勘違いしない

 

素直になることは正しいことだと思います。

ただ、素直になることを他人に感情をぶちまけると勘違いしてはいけません。

素直になるとは、自分の気持ちに正直になるということです。

 

要するに、

 

自分の本当の幸せな生き方に勇気を持つことなのです。

 

 

7、長い目でもの事を見る

 

一瞬一瞬のできごとに振り回されては苦しいばかりです。

それは、もの事をそのときしか見れないからです。

 

もっと長い目でもの事を見ると、

今の出来事は案外大したことではないと気づけます。

そうすると、心が穏やかになれて幸せな生き方ができます。

 

 

8、感謝の気持ちを大切に

 

感謝の気持ちを大切にするコツは、

今の自分より辛い状況にある人も、世の中にはたくさんいると気づくことです。

そうすれば、今ある自分はまだ幸せなのだと思えて感謝することができます。

 

 

9、感動した瞬間を軽視しないこと

 

僕たちは、ネガティブなことばかり考えやすく、

いつも自分は不幸だと嘆いたりしてしまいます。

 

しかし、

 

それと同時にたくさんの感動した瞬間も、人生の中では訪れているはずなのです。

 

そんな素晴らしい体験こそ大切それば、

それが幸せの生き方への扉を開く鍵となるものなのです。

 

 

10、心が元気になるところへ向かうこと

 

本当に心が元気になるところへ向かうには、

ときには勇気が必要になるときもあるし、試練を乗り越える必要もあります。

目の前の壁が大きければ大きいほど、より幸せな生き方ができます。

 

そして、

 

目の前にそびえ立つ壁は、乗り越えるだけが答えではありません。

 

 

幸せな生き方を求めて

 

今が精神的に辛いときであっても、

雨雲のさらに上には、いつも太陽が存在しているように、

 

目の前の出来事のさらに奥にある真実に目を向けることが大切です。

 

また、そのような状況のとき、

僕たちは、いつも視野が狭くなってしまいます。

 

空を見上げれば、満点の星空が、

足元を見つめれば、一輪の小さな花、

風が吹けば、季節の匂いを運んでくれるように、

 

幸せは、常に意識の外側で待ってくれているのかもしれません。

 

もっとシンプルに考えて本当の幸せを掴めることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ