漠然とした将来への不安を解消するための4つの方法

スポンサーリンク

漠然とした将来への不安を解消するための4つの方法

 

将来が不安なんだけど、どうしたらいいのか分からない。

お金のこと、健康のこと、このままずっと独りなんだろうか・・・

目には見えない先の不安を解消したくありませんか?

 

将来の不安の解消の仕方、

 

僕自身、これまで転職を何度も繰り返してきてますが、

どんな仕事をしても苦労を感じるばかりで自分の思うようにならず、

 

「この先、生きていけるんだろうか・・・」

 

とずっと漠然とした将来の不安を抱えてきていました。

 

結論として、

 

将来の不安そのものをぬぐい去ることは、不可能だと思っています。

むしろ、少しくらい不安を感じるくらいが丁度良いのかもしれません。

 

なぜなら、

 

不安を感じるからこそ行動できるからです。

 

ということは、不安を感じるそのものよりも、

今この瞬間に自分が安心できる行動をとることができれば、

 

「大丈夫、なんとかなる」

 

と思えるようになるかもしれません。

 

つまり、

 

不安にたいする意識を変えるということです。

では意識を変えるとは、どのようにするといいのでしょうか?

 

(前回は、自分に自信を持ちたい-不安に負けない心をつくる4つの方法にて、

自分に自信を持てないときは、焦りや不安などで自らを追い込みやすいですが、

そんなときにどこに向けて行動することが大切なのかをお伝えしました。)

 

 

1、洗脳されていた思考に気づく

 

将来の不安を抱えてしまうということは、

その原因となる元の部分が必ずあります。

 

いつの間にか植え付けられていた思考に気づくことが大切です。

 

  • 35歳を過ぎたら、どこも雇ってもらえなくなる
  • 良い大学に入って安定した職に就くことが一番
  • みんなが○○をしているから自分も同じように○○をする

 

これを守ることは、確かに将来の不安を避けることができるかもしれません。

勇気を持って行動すれば、異端児扱いや失敗をすることもあり、

 

「やっぱりムリなことをするんじゃなかった・・・」

 

と後悔することもあるかもしれません。

 

ですが、

 

それでも将来の不安を抱え続けていることは確かですよね?

 

それは、

 

自分の本来の生き方とズレているからです。

 

だからこそ洗脳された思考に気づくということが大切なのです。

 

 

2、長期的な目線で考える

 

僕はこの長期的な目線で考えるようになってから、

確かに不安そのものは感じるものの、

 

自分を落ち着かせることができるようになりました。

 

不安というのは、今この瞬間に感じる感覚に過ぎません。

ならば意識をちょっとだけ変えてやれば良いのです。

それが視野を少し広げて長期的な目線で考えることです。

 

あなたが不安を感じているとき、どこに意識が向いているでしょうか?

 

そこにさらに先の未来やこれまでの過去も加えてみることで、

どのように心の状態が変化するでしょうか?

 

「今抱えている不安は、大したことはないんだ」

 

と時間軸を拡げることで、気持ちを楽に思えるようになります。

時間軸を拡げることで、今感じるている不安は、

 

たんなる一時のことだと知ることができるからです。

 

要するに不安を感じているときというのは、

そのことのみに意識が集中し過ぎているです。

 

 

3、今この瞬間になにを感じるか

 

僕たちは今というこの瞬間に生きています。

過去に生きるものでも、未来に生きるものでもありません。

 

そして、

 

理想の未来を創るのも、今この瞬間なのです。

 

今この瞬間に、どのように考えてどう行動するかで、

この先の自分の将来が決まると言っても過言ではありません。

 

将来に希望を感じてワクワクすることに向かって行動すれば未来は明るいです。

将来に不安を感じてクヨクヨすることに向かって行動すれば未来は暗いです。

 

項目2、の長期的な目線とは対照的に思えるかもしれませんが、

いずれにしても、自分が何を感じているのかが大切なのです。

 

だからこそ、

 

今この瞬間に何を感じるかということが重要です。

 

大切なのは、将来を変えられるのは”今”だと言うことです。

 

 

4、自分の向かいたい先に素直になる

 

漠然と抱える将来の不安は、

 

今この瞬間に感じることが、この先も続くと思えると解消されます。

 

あなたが最高に幸せだと感じたときのことを思い出してみてください。

きっとお金や健康すらも関係なく、不安も感じていないはずです。

 

そして、

 

そんな最高に幸せに感じる気持ちが続けば、他に何もいらないと思えませんか?

 

それだけに今この瞬間に感じる感覚が大切だと言うことです。

自分の向かいたい先に素直になるということは、

 

最高に幸せと感じる方向へと、考えて行動することです。

 

よく間違ってしまうことに、自分の目的を考えようとしてしまうことです。

 

目的は、感じることで設定します。

考えるとは、目的に向かうための行動を考えることです。

 

 

考えることと感じることを使い分ける

 

漠然とした将来の不安を解消するため、

 

  • どうなりたいかの目的を感じること。
  • そのためにどう行動するかを考えること。

 

この考えることと、感じることの両方が大切だと思います。

感じることで、脳の約90%以上を占める潜在意識を活用するのです。

 

ですが、

 

潜在意識はしっかりと指示をしてあげないといけません。

 

ラジコンはコントロールでしっかりと指示をしてあげるからこそ、

本体であるラジコンは自分の意志の通りに進んでくれます。

 

あなたも感じることと考えることでの両方をバランスよく行うことで、

 

人生という大海原に帆を張ってしっかりと舵を取ることができます。

 

決して他人の作った大型船の下働きでは満足しないはずです。

 

そして、

 

変わりたいけど変われない-不自由さから自由になるブレーキの外し方では、

将来に不安を感じ、変わりたいけど変われない人のための、

心理的な理由と具体的な解決方法を紹介していますので参考にしてみてください。

 

あなたの明るい未来のために・・・

将来の不安が解消されることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ