マーケティングの基礎、「ターゲティング」

スポンサーリンク

ターゲティング

マーケティングとは、簡単にいうと、

顧客が欲しいものを、手に入れやすくしてあげる活動です。

大事なことは、

顧客が望んでいることを、手助けしてあげることです。

つまり、相手の立場に立って考えることが重要です。

そして価値を求める人と、価値を提供する人が集まる場所がマーケティングの意味となります。

花屋には、花を提供する人がいて、それを求める人が集まります。

八百屋には、野菜を提供する人がいて、それを求める人が集まります。

スーパーには、食材を提供する人がいて、それを求める人が集まります。

カーショップには、車を提供する人がいて、それを求める人が集まります。

これが、ターゲティングになります。

なので、あなたが仮にネットでお金を稼ぎたいならば、

ネットで稼ぐための情報を発信することで、

ネットで稼ぎたいと思う人が集まります。

あなたがコーチングの集客方法で成功したいのであれば、

コーチングの集客方法の情報を発信することで、

コーチングの集客方法を知りたいと思う人が集まります。

もし、ネットで稼ぐための情報が欲しくて訪れたのに、

コーチングの集客方法についての情報が載っていると

「あれ?」

って思わないですか?

もし、コーチングの集客方法について知りたいのに、

ネットで稼ぐことについての情報が載っていると、

「あれ?」

って思わないですか?

マッサージをして欲しくてやってきたのに、

いきなり髪を切られたら、

「ちょっと待ってよ!」

って思いますよね?

なので、価値を提供している人には、その価値を求めるひとが訪れます。

あなたはどんな価値を提供したいですか?

自分が情報を発信して、それを知りたいと思う人に価値を提供してくこと基本です。

そうでなければ、相手に煙たがられて自分もモチベーションが下がってしまいます。

それでは勿体ないですよね?

全てにおいて信頼関係が大切です。

そのためにも、あなたの提供するものを、欲しいと思ってくれる人を大切にすると良いと思います。

何故ならば、売り上げの8割はリピーターと呼ばれる人達からもたらされます。

それは、信頼関係によってなりたっているからです。

あなたを求める人と、信頼関係を育てていきましょう。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ