コピーライティングのプロスペクト理論で深層心理の意味を知る

スポンサーリンク

コピーライティング ロゴ

 

あなたはお金を受け取るときにどう判断しますか?

質問1

A、確実に50万円を手に入れる

B、50%の確率で当たりが出たら100万円だが、外れたら0円。

質問2

A、100万円の借金を抱えていて、無条件で50万円を帳消しにしてくれる。

B、50%の確率で全額帳消しだが、外れたら借金100万円のまま。

いかがでしょうか?

実はこのような実験結果があります。

質問1の場合はAの答えが大半を占めて、

質問2の場合はBの答えが大半を占めたのです。

普通に考えると、質問2でもAを選びそうですね?

それは、

人は確実な利益を優先し、

損失そのものを回避しようとする

このような傾向があるからです。

何故ならば、

脳は快を求めて痛みを避ける原則があるからです。

なので、利益の場合は確実に手に入る方を選択し、

損失の場合は、ギャンブル性を選択してでも損失そのものを回避しようとします。

これをコピーライティングでは逆手に取って、

損を強調して、利益を伝えるようにします。

例えば、

この本を購入することで、

既に月10万円の収入を手にすることが出来るということをご存知でしょうか?

なぜならば、この本に書いてある意外で簡単な方法を駆使して才能を見つけることにより、

1年後には月10万円の収入をつくることができるのです。

その後は、あなたの給料から更に、120万円の副収入が見込めるでしょう。

ということは、その金額の差による生活の影響はは計り知れませんね。

そこで、この本で才能についての誤解を解き、正しい知識を理解して、

才能を見つけることで、将来は毎週週末は贅沢な高級料理を食べに行けて、

更に半年に1,2は家族で海外旅行の夢も叶っていけるでしょう。

なので、この本をぜひお勧めします。

どうでしょうか?

心が動かされるような感じがしませんでしたか?

ただし、本当に成長したいあなたの場合は、

目先の利益より投資という考え方が大切です。

質問1で言うならBを選択できる考え方です。

何かを学ぶためには、その対価を支払うことは当たり前のことですね?

コピーライティングのプロスペクト理論で深層心理の意味を知る

そして、質問2においては確実に損失を減らせる選択を大切にしなければいけません。

株の世界では、損失の引き際を誤って大損している方の話をよく聞きますね?

成長したいと考えるあなただからこそ、この考え方を大事にする必要があると思います。

いかがでしたでしょうか?

参考にして頂けると幸いです。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ