コピーライティングで守るべき三原則

スポンサーリンク

コピーライティング ロゴ

あなたは他人の文章を簡単に信じますか?

ここではコピーライティングの三原則についてお伝えします。

Not Read = 見ない

Not Beleive = 信じない

Not Act = 行動しない

多くの方は、文章を書いたら読んでくれるだろう・信じてくれるだろう・行動してくれるだろうと思ってしまいます。

実は逆で、見ない・信じない・行動してくれないの3つを前提として考える必要があります。

 

 

Not Readを乗り越える方法

あなたがパソコンのメールフォルダーにたまっているメールをチェックするときのことを思い出してみて下さい。

フォルダーの中から、自分にとって必要かどうかを選ぶために、とりあえずサッと目を通すのではないでしょうか?

そして、レモンを想像してください。

口の中に唾液が出てくるのを感じませんか?

1、一目で読みたいと思ってもらえるキャッチコピー

2、人の五感に訴えて、心に響かせる

3、1行開けるなどの読みやすさを工夫する

Not Beleiveを乗り越える方法

特に社会的証明が必要不可欠です。

Facebookの「ええね!」の数

Twitterのフォロワー数

メールマガジンの読者数、

お客様の声

権威者からの推薦

実績や売上

Not Actを乗り越える方法

動画では言いませんでしたが、まず人の行動する原理を知る必要があります。

1、快楽を得られるため

2、苦痛から逃れるため

例えば、常に健康的でいるためには、病院で定期検査をしておいた方が良いのは誰もが理解していることだと思います。

しかし、分かっていても、それを実行する人は少ないと思います。

なぜなら、病院に行くことは快楽を得られるわけではありませんし、病気にもなっていないからです。

しかし、いざ重度の病気に掛かると、すぐ病院に行くと思います。

痛みという苦痛から解放されたいからです。

なので、行動を取ってもらうようにするには、行動することで相手の求めている快楽を得られ、相手が感じている苦痛から解放されることを伝えることが大切です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ